今更ながらにブログをはじめてみました

グダグダな日常と趣味をただ書き込んでゆくだけのブログです。(^^;

この道わが旅

すっかり忘れていたのだけど、先日の27日はドラゴンクエスト35周年の記念日だったという事なのだけど、てっきりドラクエって年末のクリスマス商戦の時期に発売されていたものと思っていたのだけど、意外にも5月末というちょっと半端な頃合いの発売だったんですねえ。当時の情報誌などでも期待の大作として持ち上げられていたからてっきり。

 

まあ当時大人気漫画家だった鳥山 明をキャラクターデザインに起用ともなれば、契約している出版社が後押しをするのは当然なんだろうけど、それがドン引きするくらいの推しで、更にDr.スランプドラゴンボールも嫌いではなかったけれどどうにも鳥山 明独特の画風になじめなくて、当時の自分は既にセガ人であった事も加えてアンチを加速させてました。(笑)

 

さて、YouTubeでドラゴンクエスト35周年の番組を見てみましたが、いやあ新作などの情報が盛りだくさんで圧倒されました。…というか従来の作品を含めてスピンオフ作品多すぎだろ。(^^;

 

個人的に気になったのは、ロト三部作の最も過去の物語となるドラゴンクエストⅢのHD-2Dリメイクと、これまでのシリーズとは全く趣が異なり、ダークな雰囲気を漂わせるナンバリングタイトル最新作ドラゴンクエストⅫ。

あと、兼ねてからプレイしてみようかと思っているドラゴンクエストⅩだけど、オフライン仕様のⅩが出るのはいいとして、登場キャラクターを2頭身に変える必要ってあるのかなあ?紛らわしくないよう差別化の為なのかねえ…。

 

しかし盛りだくさんの新作ドラクエシリーズを目にしていると、なんというか心の奥底に嫉妬というか羨望の感情がフツフツと湧き上がってくるんですよ。

来年はドラクエシリーズに続きファンタシースターも35周年を迎えるんですが(FFもだが)、そうするとファンタも何か新作とか色々出してくれないかなあと、これまで長年信者としてきたが故そういった願望が出てくるんですよ。

一応PSO2の新シリーズであるPSO2ニュージェネシスが新たに配信されるんだけど、個人的にはPSOのシリーズではなくて、Ⅰ~Ⅳまでのファーストシリーズをリメイクしてくれないかな、と。過去にPS2でⅠとⅡのリメイクがあったけど何か違うんだよねえ…。( ´Д`)

 

ちょっと脱線したな。(^^;

それはさておき最近ちょっと気になる事がある。ドラゴンクエストも35周年。スピンオフ作品についてはよく知らないが、ナンバリング作品においてはシナリオは堀井雄二、キャラクターデザインは鳥山 明、そして音楽はすぎやまこういちと一貫してきたけれど、

さすがに一作目から35年も経過すれば随分といい歳になるワケで、特にすぎやまこういちは御年90歳。まだまだお元気でいらっしゃるが、さすがに10年先を見据えた続編は難しい。

もし三人のうち誰かが欠けたらドラゴンクエストは終わりを迎えるのだろうか?それとも新たな人材を充てて継続してゆくのだろうか?そしてそのドラゴンクエストドラゴンクエストとして足りうるものなんだろうか?

 

…もしかしたら今ある数多くのスピンオフ作品は新たなドラゴンクエストとしての布石なのかもしれないが。

 

 

 

それは悪によって、歪められた異次元空間より始まる―。

 やっと着ました『R-TYPE ORIGINAL SOUND BOX』。本当は発売日の4月29日到着のアイテムだったのですが入金のタイミングがズレてしまい、ゴールデンウィーク明けの発送になってようやく入手できました。…できればゴールデンウィーク中にコレを堪能したかったな…。( ´д`)

 

それはさておきこの『R-TYPE ORIGINAL SOUND BOX』は、アーケード横スクロールシューティング御三家のうちの一つと目されるR-TYPEシリーズの全てのタイトルのBGMを収めたサウンドトラックのCD-BOXで、一作目からⅡ、Ⅲ、Δ、FINALの他にパラレル作品のLEO、外伝のGALLOP、

そしてⅠとⅡのリメイク作品のDIMENSIONS EX、戦略シミュレーションゲームとなったR-TYPE TACTICSとその続編のⅡに加え、過去に国内で移植されたR-TYPEシリーズ全ての楽曲を網羅しているのがスゴイ。

 

ちなみに過去に国内で移植されたハードはⅠがPCエンジン(Huカード、CD-ROM2)、セガMk.Ⅲ/マスターシステムゲームボーイMSX、PC-88VA/VA2、X680x0、Ⅱがゲームボーイスーパーファミコン、そしてⅠ、Ⅱのカップリングがゲームボーイカラープレイステーションとあり、

更に音源ではセガMk.Ⅲ/マスターシステムMSX版にはPSG音源版、FM音源版、そしてPC-88VAのOPN版、VA2のOPNA版と事細かく収録されていて感激。…まあ知らん人には何の話かサッパリだろうけど。(^^;

惜しむらくはR-TYPE FINALのエンディングテーマである椎名へきる嬢の歌う『PROUD OF YOU』が収録されてない事。まあレコード会社の契約上の関係とかそういった問題なんだろうけどね。ちょっと残念。

 

さてさて、本来この『R-TYPE ORIGINAL SOUND BOX』が発売された経緯には同時発売となったPS4 / NINTENDO SWITCH / PC用ゲーム『R-TYPE FINAL 2』が関連しているんだけど、実はR-TYPE FINAL 2は今回のCD-BOXには収録されてない。

R-TYPE FINAL 2の開発にはクラウドファンディングによるものなのだけれど、R-TYPE FINAL 2のサウンドトラックはクラウドファンディング出資者への特典としてある模様。

この為一般への販売は今のところないけれど、ゆくゆくは是非一般発売してほしいものだ。できればCD-BOXとは別ではなくて、CD-BOXに空きがあって後に発売となった時に収められるようにとかして欲しかったな。

 

まあとにかくは届いたCD-BOXをどっぷり堪能しますかね。R-TYPE FINAL 2についてはまだ購入はしてないけど、できればSWITCHで入手したいなあ。…SWITCH自体が未だに品薄で手に入れられないけど。(^^;

f:id:yukikaze028:20210512011338j:plain

右が今回のCD-BOX(10枚組)。左は以前に発売したR-TYPEシリーズを収めたCD(3枚組)。Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、LEO、Δ、FINALを収録。

 

継続は力なり…?

5月に入り、自分も今日から5日までのゴールデンウイーク休暇を頂きました。

一応連休中は部屋掃除をするつもりなのですが、既に初日の今日、ゴロ寝で1日潰してます…。(^^;

 

さて、今日5月1日で令和も3年目、このブログも3年目に突入ですよ。

月イチから4回前後の更新とはいえ我ながら続いているかなあ、と。まあ見て下さっている方はどれだけいるのかは分かりませんが。取り敢えずは続き趣味話でダラダラと続けていくつもりですけどね。

 

という事で見て下さっている方々、今後もよろしくお願い致します。m(_ _)m

 

さらば、すべてのエヴァンゲリオン。

昨日仕事帰りに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきました。

いやあ、2度目の緊急事態宣言で公開が延期になって、ゴールデンウイーク頃に公開なんかなーと思ってたらいつの間にか公開が始まってて、じゃあいつ観に行こうかと思案しているところで3度目の緊急事態宣言。

本日25日より4都府県で発令され、いずれそう遠くないうちに自分の住む埼玉にも及ぶだろうと思い、そうなると映画館は休館となり、既に公開からひと月が経過しているエヴァは休館になればそのまま公開終了の可能性があるので慌てて観てきました。

 

さて以下はネタバレを含む内容なので、ネタバレ厳禁という方はブラウザバックでお願いします。

 

 

 

 

 

正直、今回の映画はあまり期待してはなかったんですよ。前回のQの印象の悪さもあって、このままだと旧劇場版同様に鬱な展開しか見えてこなくて。

事実公開からひと月が経過しているのにも関わらず、人気シリーズに対し劇場版鬼滅の刃のようなフィーバー振りもなく、作品に対する評価もこれと言って上がってこない。

一応YouTubeで今作品に対する様々な考察が挙げられているところを見ると、そう悪い評価ではないんだろうな、という事が伺えるだけ。

 

実際観てみると、Qでのミサトのシンジに対する態度の変化や、シンジに怒りをぶつけるアスカの心情とかQでモヤモヤしていた部分が何故なのかはっきりしてわかりやすかったし、

またシンジの、救ったハズのレイが救えてなかった事、自身の行動が原因でカヲルを死なせる事になった事で心神耗弱状態に陥り全てに対して気力を失うも

ニア・サードインパクトを生き延びた旧友達の優しさと、生き長らえない限られた命の中で少しづつ人間らしさを得てゆくアヤナミレイ(仮)との触れ合いの中で自分の為すべき事を見出し精神的に成長してゆく様はとても良かったと思う。

 

それはそうとクライマックスのゲンドウ操るエヴァ13号機とシンジの初号機との対決シーンはコロコロと舞台が変わって、マンションの一室だったり学校の教室の中だったり、特撮の市街地の舞台だったりと中々シュールで思わず笑ってしまいました。(^^;

(人間の知覚では認識できない裏宇宙の世界を強引に認識できるようにした結果という事らしい。)

 

ラスト、ミサトの命を賭してAAAヴンダーの脊髄からガイウスの槍を作り出し、これによってネオンジェネシスを発動させエヴァの必要としない世界を上書きするのだけど、この時にエヴァに取り込まれた魂を開放し、それぞれに別れを告げるのだが、アスカは旧劇場版のラストシーンを思わせるシーン、カヲルはエヴァンゲリオンという作品の円環から解放されるようなやりとりがあり、全てのエヴァンゲリオンは繋がっているというメタな部分が見受けられる。

 

個人的にはエピローグが最も印象的で、駅のホームのベンチに座って佇む大人になったシンジ。向かいのホームには談笑しているレイとカヲル。そして一人でゲームしているアスカ。

そこへ「だ~れだ?」とシンジを目隠しするマリが登場し、「ムネの大きいイイ女。」とこれまでのシンジが到底言わなそうなセリフで返した時『ああ、シンジ君も大人になったのだなあ』と実に感慨深いものがありましたよ。(^^)

そしてエヴァ初号機に乗り込む前に自ら取り付けたDSSチョーカーをマリに外してもらい、二人手を取ってホームの階段を駆け上がって行き、駅を飛び出すと実写の世界でドローンによる空撮で街並みを写していき物語が終わるという、様々な憶測を呼び起こしつつもキレイに終わったなあ、という印象。

物語の終え方に賛否はあるようだけども個人的には良かったと思うし、少なくとも旧劇版のリベンジはできたんじゃないかと。

 

旧劇版と言えば、昔公開早々に新宿へ観に行ったんだけど、当時はまだ指定席の完全入れ替え制ではなく、好きな席で2回とか3回とか続けて観る事ができたのだけど、上映前に自分の隣に座った人が友人と二人で来てたらしく「今日は2回観ようぜ!!」なんて意気込んでたんだけど、上映が終わると観客誰一人言葉を発する事無く、沈痛な面持ちで退出していく様がある意味おかしくて思わず笑いだしてしまいそうになった事があったなあ。まあ、それだけ救いようのない鬱エンドの作品だったって事なんだけどね。(^^;

 

さてこれで完結したエヴァンゲリオン、Qでまた鬱展開かと思いきやラストで救われてキレイに終えられたので、もし今後新劇場版4作をまとめたBlu-ray BOXとか発売されたら買っちゃうかもしれないなあ。

その前に公開終了前にもう一度見ておきたいね。それとあとパンフ。案の定売り切れでしたよ…。まあコチラはエヴァのオフィシャルサイトで通販しているようだから慌てることもないだろうけどね。

ヤック・デカルチャー!!

まさに今日はそう叫ばずにはいられない、歴史的な1日でした。

それは長年和解は不可能と言われていたビックウエストスタジオぬえと米国のハーモニーゴールドUSAとのマクロスの権利問題に終止符が打たれ合意に至ったというニュースが入ってきました。

どのような形でどういった内容の合意なのかまでは分かりませんが、これにより長年海外展開できなかったマクロスシリーズが展開できるようになったと言えるのではないでしょうか。

…ちなみに最初にこのニュースを目にしたときは9日遅れのエイプリルフールかと思いましたよ。(笑)

 

さて、ではなぜハーモニーゴールド社との問題が起きたのかというと、80年代中期頃、マクロスのアニメーション制作をしていたタツノコプロが経営難に陥り、原作のスタジオぬえや代理店であったビックウエストに無断で自社の作品と共に、日本国外に限り著作権放棄という形で売却してしまった事に始まります。

権利を手に入れたハーモニーゴールド社はマクロスの全36話では当時の米国での放送に足りうる話数がなかった為、『超時空要塞マクロス』、『超時空騎団サザンクロス』、『機甲創世記モスピーダ』の3作品を一つのシリーズとし『ロボテック』として放送し大ヒット。更には南米やヨーロッパでも放送され大成功を収めます。この為海外ではガンダムよりマクロスの方がメジャーだったりします。

この事により日本と米国でマクロスの権利がこじるにこじれ、しかも『MACROSS』の商標をハーモニーゴールド社がとってしまっていた為日本のマクロスシリーズを海外での展開が難しくなってしまいました。

 

ちなみに日本国内においても何度かタツノコプロビックウエストスタジオぬえとの訴訟問題が発生しており、判決の結果、映画の著作物はタツノコプロ、キャラクターやメカニックなのどのデザインはビックウエストスタジオぬえにあるとしている。

 

…とまあ自分の知ってる範囲ではこのくらいなのですが、詳しく知りたい方はwebで検索してみてください。割と有名な話なのですぐ出てくると思いますよ。

 

さて自分としてはこの合意により期待したいのはバンダイの動向です。

現在、マクロス関連のホビーアイテムはバンダイを筆頭にハセガワやアオシマ、ウェーブやトミーテックといった数々の模型メーカーが参入しているのですが、どうにもバンダイが今一つやる気がない感じなんですよ。そりゃあバンダイにとっては主力のガンダム関連に全力を注ぎたいのはわかるんだけど、もう少しマクロスにも注いで欲しいっていうか…。(^^;

マクロスFの時は作品の期待値も高く人気もあったせいかラインナップも良かったんだけど、どうにもマクロスΔの時はちょっと中途半端な感じがね…まあ出すモンは出してはいるんだけど。

今回の合意により海外人気の高いマクロスシリーズを海外展開を視野に入れて本腰入れてくれるようになればラインナップも充実してくるだろうしね。是非ともVF-31Aの可変モデルのキット化とHI-METAL RのVFシリーズの充実化をオナシャス!!(=^人^=)

 

 

macross.jp

 

 

 

~♪ 「上手に焼けました~!」

という事で先日『モンスターハンター』の実写映画を観てきました。

いつも通り、公開から暫く経って落ち着いた頃を見計らって観に行こうかと思っていたのだけど、上映スケジュールを確認してみたら公開から1週間程で早々と字幕版が1日1回の上映に。いや、いくらなんでも早すぎね?(^^;

個人的に吹き替え版は字幕を気にしなくて画面に集中できるのはいいんだけど、変なネタとかセリフに盛り込んでくるのがうっとおしいので、アニメなどと同じ声優を起用しているとかそういうのでない限りは字幕版を観るようにしてます。

 

さて以下はネタバレを含む内容なので、まだ未見でネタバレされたくないという方はブラウザバックでお願いします。

 

 

 

 

 

物語は荒野で消息を絶ったアメリカ軍特殊部隊のブラボーチームの捜索にあたるアルファチームが、謎の石碑らが立つ遺跡にて巨大な砂嵐に巻き込まれ気が付くとそこは見知らぬ砂漠の世界だった…というまさかの異世界モノ。近年流行りだもんねえ。(違

そしてのっけっからディアブロス亜種の襲撃に遭い銃火器で抵抗するも全くの効果なし。命辛々岩場に逃げ込みやり過ごそうとするが、そこはネルスキュラの巣で次々とメンバーが命を落とす(喰われる)という、なんつーか最早パニックホラーな様相になっていて『いや、コレ違うだろ』という感じに。

ちなみに体にネルスキュラの卵を産み付けられ、孵化した幼体に生きたまま喰われるシーンは結構グロくてちょっとしたトラウマになりそう。(- -;

 

そして主人公(女)一人が生き残り、異世界のハンター(男)と遭遇し最初は互いを敵として認識するも、モンスターの巣窟からの脱出に協力するうちに言葉は通じないが友情が芽生え始める、というものなんだけど、これまでのハリウッド作品だとこういういがみ合う男女がいつしか互いに気になる存在になっていって、やがて二人は恋人同士にって感じでラブシーンが始まったりする流れが多いので危惧していたのだけど、珍しくそういうのが全くなくて終始性別を超えた友情というのが良かったですなあ。

 

自分は『モンスターハンター』は主にPSPのポータブル2Gの頃にプレイしていたくらいなのであまり知識がないのだけれど、いくらなんでも映画のディアブロス亜種って強過ぎね?ゲームで友人と一緒に討伐したと思うけど銃火器が全く効かない程ではなかったですよ?しかも銃火器より大剣の方が強いってどういう世界だ…。(^^;

 

中盤ハンターの村へ辿り着き、そこの大団長はかつて主人公の世界からやってきた人間に言葉を教えて貰い英語が話せるというのだが、カタコトならともかく不自然なくらいやたら流暢にしゃべるのはどうかと。(^^;

そして大団長から元の世界へ帰るには火竜リオレウスの護る塔へ行く必要があるという事で目指す事になり、目的地でリオレウスとの戦闘の最中に再び砂嵐に巻き込まれ元の世界に帰還するんだけど、戻った世界にまでリオレウスがやってきてしまい、アルファチームを捜索に来た部隊がリオレウスによって全滅。主人公もあわやというところでリオレウス同様に世界を飛ばされてきたハンターと大団長らによって助けられ、3人でリオレウスを討伐。しかし全ての元凶、異世界を繋げる砂嵐を生み出す塔を破壊せねば平和は訪れない、ということで

 

まさかの『オレタチの戦いはこれからだ!!』というオチ。

 

いや、まあ、うん。2作目考慮してるの…かな?

…そんなワケないか…。

 

しかし今回の映画、丁度任天堂Switchの『モンスターハンターライズ』の発売に合わせての公開だったけど今一つ盛り上がりを見せないなあ。

これまでゲームの実写映画化した中では割とマトモな方ではあるんだけど若干コレジャナイ感が拭えないのも確かだしね。討伐アクションというよりはホラーだし。

一応、討伐したモンスターをナイフで剥ぎ取るシーンやロースターで肉を焼くシーンとかあったけどね。さすがにあの音楽と「上手に焼けました~!」はなかったけど。(笑)

あとできればモンスターハンターのテーマ曲は是非欲しかったな。あの壮大なテーマ曲あってこそモンスターハンターだと思うのだが。

 

…それにしても主演のミラ・ジョヴォヴィッチバイオハザードに続いてモンスターハンターでも主演を務めるとはカプコンの実写映画化の顔にでもなるつもりなんだろうか。次があるとしたら今度は一体誰を演じるつもりなんだろう?(笑)

SONS OF ANGELS

ここ暫く精神が不安定だったのがようやく落ち着きを戻してきました。まあ前回のままズルズルと引き摺りたくはないので、ちょっとワンクッションおいた話を一つ。

 

先日Amazonで何気に見てたら、ちょっと気になっていたCDが2千円を切っていたので即購入しました『DAYTONA USA CIRCUIT EDITION ORIGINAL SOUNDTRACK』。

1994年にセガよりアーケード用ゲームとして登場したレーシングゲームデイトナUSA』。翌年には家庭用ゲーム機セガサターンに移植され、97年には更に操作できる車種とコースが増えたサーキットエディションが発売になり、その当時に発売されたサントラを購入したワケなのですが

2009年にシリーズ全ての楽曲を網羅した『Let's Go Away The Video Game DAYTONA USA Anniversary BOX』が発売されているので、普通ならそれ以前に発売されたサントラをわざわざ購入することもないのだけど、諸般の事情で前述のCDに収録されなかった曲が今回購入したCDに収録されているので入手しました。

で、その諸般の事情で新しいサントラに収録されなかった曲とは、サーキットエディションの主題歌とリプレイ時のテーマソングの2曲で、なんとアメリカのハードロックバンド、Mr.BIGエリック・マーティンが歌っているのですよ!しかもこのゲームの為に作詞もしていたりするから驚き。なお作曲はソニックシリーズ楽曲を担当し、ハードロックバンド『Crush 40』のギタリストでもある瀬上 純。

 

ちなみにゲームのCD-ROMでもCD-DAのトラックとして上記の曲は聴けるんだけどショートバージョンなのでフルサイズで聴くにはサントラしかなく、その為なのか四半世紀近く前のCDという事も加えてか、一時一万円近くのプレ値が付いてました。(^^;

 

f:id:yukikaze028:20210401230608j:plain

DAYTONA USA CEサントラとエリック・マーティンの直筆メッセージがプリントされたリーフレット

www.youtube.com